はっしーバースデー2017@EX THEATER ROPPONGI

大橋彩香さんの誕生日イベント「はっしーバースデー2017」に参加してきました。

 

場所は3年連続でEX THEATER ROPPONGIで、一階(施設としては地下3階)は相も変わらずオールスタンディングのライブハウスです。

イベントの内容としては例年、この一年間の総括、一年間であったできごとに関するクイズ、サプライズゲストによる誕生日のお祝い、なにかに挑戦するコーナー、歌唱コーナーの構成です。

 

1年の総括では、2分以上もある年間表を見ながら振り返っていったのですが、メディアやステージへの出演、CDの発売の日程だけの表なのにこれだけの数が出ているというのは、声優としてもアーティストとしても順調なのかなと。

 

推しとしては嬉しくて、自分の参加したイベントや買ったCDを思い出してにやけてました。

 

一年間であったできごとに関するクイズは、出題者としてビデオメッセージで日高里菜さん、towanaさん、芹沢優さんの御三方からクイズがありました。
毎年様々な方からメッセージをいただいていますが、今年は今まであまり絡みがないと思われていたメンバーからのメッセージで、活躍の幅が広がっているのかなーっと感じました。
日高里奈さんと面識があるのはしっていましたが、はっしー自らご飯に誘って仕事の悩みを話すほどの間柄だったとは驚きました。

 

サプライズゲストによる誕生日のお祝いでは、大きな箱から高橋李依さんが登場し、共演しているナイツマのイラスト(エルネスティとアディ)がプリントされたケーキでのお祝いになりました。
高橋李依さんは天真爛漫といいますか、元気な方で積極的にはっしーに絡んでくれているようなので、本当にありがたいです。

 

なにかに挑戦するコーナーでは、特技を探すということでけん玉やフラフープに挑戦したり、昔習っていたタップダンスを披露したりとしていました。
相変わらず上手くいってもなんとなくおどけて照れ隠しをしているのは本当にかわいい。
あと、はっしーがこれからについて話したのですが、内容としては「今の声優は多芸を求められるが、これからの声優業界がどうなっていくかはわからない。だから、声優の本質としてのお仕事、吹き替えやナレーションを積極的にやっていきたい。」だったと思います。
これからの展望を聴けたのが本当に嬉しかったです。
今のはっしーって声優として、アーティストとして、アイドル声優として、ラジオパーソナリティとして様々な面をみることができます。
そのたびに違った一面を見ることができるので、見ていて飽きないというか、面白いんですよね。
でも、それって根底には子役時代から土台としてある役者、声優の上に乗っかっているものであると思います。
そこを大事にしていきたいと語ってくれたのは本当にうれしくて、本当に素敵な声優さんだと思います。
これからも役者として成長する彼女を見ていきたいです。

 

歌唱コーナーでは、事前に発表した20曲の中からファンが投票し、その得票数上位3曲をカラオケ形式披露するものでした。
カラオケ機器としてDAMが協力してくださっていてはっしー個人にまで協力してくれて本当に感謝です。
そして選ばれた曲のは、
君じゃなきゃダメみたい/大石昌義
ワルキューレが止まらない/ワルキューレ
青空のラプソディ/fhána
の3曲。
いきなり始まった歌唱コーナーでもしっかり声が出ているし、曲ごとに声色を変えながら歌う様はまた上手くなってるし、流石だなと。
青空のラプソディ」はフリコピもさることながら、はっしーのchu chu yeahがめちゃくちゃかわいかったです。

 

ただ、歌唱コーナーはこの3曲のみで、本人の曲の歌唱がなかったのが本当に本当に残念でした。
今年はシングル二枚に、アーティスト大橋彩香としては初のワンマンライブツアーやアニサマ、アニマ、@JAM、AnisongFesitivalへの参加、ワガママMusicPad、AnyBeatの音楽系ラジオの開始と大橋彩香の音楽の要素を重視していたと思います。
参加していた方もツアーのTシャツを着ている方が多くてアーティスト大橋彩香に惚れ込んで参加してくれた方も居たと思います。
それなのに自分の曲はやらずにカバー曲のみをやって終わってしまった。
アーティストにとってカバー曲ってあくまでオマケであるはずです。
せめて今年出したシングル二曲はやってほしかったです。
目の前にいたツアーTを着ていたオタク達が、カバーはわからなかったようで終始棒立ちでいたのが寂しかったです。
そして、オルスタで動かずに二時間トークを聴くのは割としんどくてもう少し構成については、ライブハウスを活かす形にしてほしいと思いました。
年々披露する曲数が減っていくはっしーバースデー。
これからも参加しますが、箱を変えないならもう少し曲数増やしてほしいです。

THE IDOLM@STER MILLION LIVE! EXTRA LIVE MEG@TON VOICE!@中野サンプラザ

「THE IDOLM@STER MILLION LIVE! EXTRA LIVE MEG@TON VOICE!」に昼夜参加してきました。
 
どうやら違うCDでの当選は重複するようで、
昼の部(1回目)は、ブランニューシアター(54枚)で、
夜の部(2回目)はマスタースパークル(5枚)で当選しました。
 
林原めぐみさんといい、今年は中野サンプラザに縁があったようです。
 
全体としては両部ともに約2時間のイベント(夜は告知があった分クイズの問題数が少なめ)でした。
CD積んではいますけど、チケット代がないイベントで、この時間の長さのイベントはお得感がありました。
錯覚な気もしますが・・・。
 
楽曲的にも13曲もやってくれましたし、選曲もわんすとでやった曲(LTP)+マスタースパークルの曲+わんすとでやっていない全体曲で構成されていたので、あの頃から今を感じつつまた ここから新メンバーを加えてスタートできる嬉しさとワクワク感がありました。

ステージもわんすとの頃に近いものになっていて、ステージ背後の看板もまえにえいちPが話していたので、多分当時のものをつかっていました。

そして、お客さん(P)達も1stの時のTシャツやポロシャツ、LTPのリリイベのTシャツの多いこと。
意地でも中野に戻ってきたんだなーっと感慨深くなっていました。
 
そして、10月にあるはちぽちが益々楽しみになってきました。
 
ここからはセトリと演者の感想を。
 
・「ブランニューシアター」はまだライブで3回目の披露のはずですが、なぜか聞きなじんでしまっていて、リズムゲーの大事さをかみしめました。
 ドキドキが爆発しそうだのゆい㌧が、オーバーリ アクション気味で関西っぽいなーと。
 昼公演は両隣りの席の方のノリが良く、円陣を組んでコールできました。
 ありがとうございました。
 夜の部の部もしようと思っていたのですが、両隣の席が空いていてすることができず・・・。
 
・BNTの後にクイズ(大喜利)とミリシタ対決がありましたが、クイズはミリオンライブの歴史を年表をつかいながら振り返りつつのものだったんですが、中の人の話やえいちPの話と内輪ネタの極みみたいなクイズばかりでした。
 大喜利なのでしょうがなくはありますが、ミリオン本編にほぼ触れていなかったのが残念でした。
 ここはニコ生を通して配信する意味はなかった気もします。
 
・「Precious Grain」を今回中野でやることには意味があったと思います。
 わんすとの時は万全でなかったころあずが今回はフルパワーで歌う。
 最高でした。
 あの時はコールしていたfwfwが、今振りコピになっているのもいいですね。
 あと、当日の打ち上げでオタク達とニコ生の映像を見ていたんですが、「ミラーボールが足りない」と口を揃えていっているのが面白かったです。
 客席の天井にはあったんですけど、動いてませんでしたから。
 
・「ハッピーラッキージェットマシーン」はなんかというか圧巻でした。
 あの頃はダンサーさんと一緒に裏返りそうな声で頑張っていたゆい㌧が今や中野サンプラザのステージが小さく見えるくらいに堂々とP@FORMANCEしていて素敵でした。
 そして今回は何も壊していないあたり、破壊神からも脱却できたのかなと。
 
・「スマイルいちばん」最高でした。
 もうなんというか、1stではガチガチに緊張していても持てる力を全て出して頑張っていたぜっきーが余裕すらあるステージングをしているっていうだけでもう最高です。
 あの頃とは桁違いに大きくなったコールに、ぜっきーと美奈子の努力の結果が表れているように感じました。
 満腹です。
 
・「瑠璃色金魚と花菖蒲」曲も紬もみなみちゃんも強い。
 かっこいい曲だけに声の強さが求められる曲ではありますがそれと拮抗するほどの声量と声色の強さ。
 夜は歌いだしでミスしたことをみなみちゃんは悔いて いましたが、ミスからの立ち直りの速さにプロってすごいと感動してました。
 悔しさは是非はちぽちで晴らしてください。
 それと、この曲のエロゲOP感が本当に好き。
 
・「ハミングバード」を安定して披露できたこーりー凄すぎませんか?。
 フルで聴くとかなり難易度が高いこの曲を歌いきっていて凄い新人だなーっと。
 そして、それだけこの曲と歌織さんに全力を注いでくれたことが嬉しいです。
 
・「インヴィジブル ジャスティス」って王道アニソンっぽいですよね。
 アイドルヒーローズの主題歌として作られてる感があって好きです。
 2人の声のバランスも良いので、背中を預けられる2人の爽快な殴り合いをみているようなステージでした。
 そしてこの2人はライブに関してはもう何も心配していないので、ただただ圧巻で一お客さんとして楽しめました。
 
・「ローリング△さんかく」
 なんというか歌詞もメロディーも本当に桃子の曲なんですよ。
 桃子が△のようにとがっていたころから、Pやみんなに出会って□になり、家族みたいな仲間たちと進みながら〇になるのが最高です。
 そしてなによりも、こんなパーソナルな部分を素直に歌えている桃子の姿を見れる日が来るとは・・・。
  お兄ちゃんとして感無量です。
 自分自身も〇になっちゃいました。
 あと、後のMCでのけいこお姉様がこの曲に対する向き合い方を悩んでいたっていう話が印象的でした。
 
・「祈りの羽根」
 個人的には、初期のおっとりしているふーかさんのイメージに近くい曲です。
 すーじーの背後にミラーボールみたいなのに光が反射する演出に神々しさまで感じました。
 
・「未来形ドリーマー」
 ぴょんの曲間にセリフや煽りを入れるのが短い尺の中にも入れたりしているのが、一生懸命楽しませようしつつもどこか後先考えない感じ未来っぽさを感じれて好きなんです。
 でも、今回はそんな無茶もあまりなかったのですが、そのこなれたな感もなんというか良くて。
 もし、765プロの 劇場で定期ライブがあって、そこに出演する春日未来がいるならこんな感じなのかなと思えました。
 あと、素敵なキセキの振り入れてるのシンプルにエモいです。好き。
 「みらいー!!」
 
・「Sentimental Vinus」好きすきマンなので、好きです。
 ぴょんやうえしゃまが歌ってるのも見れて大満足です。
 
・「Marionettoは眠らない」
 歌唱力高めのメンバーやアイドルがそろえられている中でのオリメンである翼のラスサビでのソロが最高すぎました。
 この曲って美希と翼が唯一ユニットを組んで歌っている曲なんですが、そのソロパートを歌い上げるのが翼っていうのが最高ですね。
 
・「Dreaming」
 締めがこの曲なのは、ミリオンの全体曲を全て中野で披露するためっていうのが本当にThank you!って感じでした。

Animelo Summer Live 2017 THE CARD @さいたまスーパーアリーナ

アニメロサマーライブ2017に参加してきました。
 
夏のオタカツといえばコミケアニサマ
 
例年参加しているアニサマですが、今回はめんどうくさがって予習を全くせずに参加しました。
アニサマって有名どころや鉄板どころだけじゃなくて、新進気鋭のアーティストやちょっと奇をてらった選曲をするので予習しておいた方が楽しいはずなんですが、感想としてはめちゃくちゃ楽しめちゃいました。
そして、自分の原点はアイマスPや声豚である前に、アニメオタクなんだなと再認識できました。
その結果、今の自分が好きなものと昔の自分が好きだったものを幅広くみることができた気が します。
 
毎年、一定以上の満足度を必ず与えてくれるアニサマが好きです。
終わると来年も行くぞと思ってしまい、やめられないし、やめたくない。
 
あとは各日の感想と雑記。
 
・ここ2、3年くらい荒れまくってるアニサマの前哨戦けやき広場。
 黒人スタッフの迫力からか楽しさは残しつつも少し平和になった気がします。
 
・けやき広場の午後からのカラオケ大会のセトリが当日参加枠以外は3日間ほぼ同じになってしまったのが残念でした。
 
・本編も3日間ともけもフレの映像から始まるのも、出演しない日は違う演出にしてもよかったと思います。
 
〇初日
・大量のサンシャイナーと、ここ数年見かけなかったピンクの装備で全身を固めた王国民。
 哀 愁漂う色落ちしたピンクの装備が、開演前から懐かしさと久々のゆかりんにワクワクしました。
 
SOS団最高。
 イントロが流れた瞬間、あのギラティナさんみたいになってました。
 最初に見た深夜アニメがハルヒで、2009年からオタクイベントに参加するようになった身としては、一生見ることが叶わないと思っていた光景を見ることができ、感無量です。
 もうこの手のイベントには参加しないと思っていたあーやと、闘病されていたのがウソかのように元気に踊っているゴットゥーザ様を拝謁できて恐悦至極でございました。
 
・「ようこそジャパリパークへ」はあれだけ騒がれていた、家虎をたくさん聞くことができて良かったです。
 動物なだけに家虎がただの自己満ではなく、映 えるきがしてます。
 
Pyxisでの「プラチナ」を聞いたのは嬉しかったと思いつつも坂本真綾さんが登場されないことが確定してしまい残念でもありました。ワガママですね。
 
・ソロとしては3年目の大橋彩香さんはもう堂々としていて最高でした。
 最強の面々がいるアニサマバンドによる生演奏での「ワガママMIRROR HEART」。
 つんへごが崩壊して、アニソンクラブiが終わり、優遇期間は終了したかと思っていたのでうれしかったです。
 もう立派に世界1のアニソンフェスであるアニサマに1アーティストとして呼ばれるんだなと思うと、めちゃくちゃ嬉しいです。
 はっしーを推せるのは、はっしーがめちゃくちゃがんばっているからで、その頑張りを見せてもらえる環境があることだと強く感じました。
 去年のアニサマでは卯月がセンターとトリを立派につとめ上げました。
 いつかはっしーがソロとしてアニサマのトリを務める日を見たいです。
 
Machicoは信頼しかないです。
 個人的にはホリプロ同期では一番の苦労人だと思っているので、その人がアニサマにソロで立つ日を見れてよか ったです。
 ただ、このホリプロ2連続の自分高まりようが、会場とずれているように感じました。
 まだまだ他の界隈への知名度は足りていないだなぁと感じたので、今回を機に興味を持ってくださる方が増えてほしいです。
 
・「サウンドスケープ」はサビでの盛り上がりがはっきりしていて好きです。
 めちゃくちゃ高まりました。
 
栗の子は安定ですね。
 自分がアニソン聞き始めた時から最前線にいる方のステージを今も見続けられているのは幸せです。
 
・「バラライカ」が世代直撃過ぎて最高でした。
 いさじさんの動画を何度見たことか・・・。
 そして復帰後FCイベント以外では、初となるゆかりんをここで使う攻めっぷり。
 ただ、大石さんがネタに走りす ぎていて、ちょっとなと。
 
鈴木このみさん久しぶりに見たんですが、もともと高かった歌唱力がさらに進化しつつステージパフォーマンスがうまくなってい度肝を抜かれました。
 ぶっちゃけた話をすると、あまり売れてないしこれからは活動も減っていくのかなと勝手に思っていたのですが、素直に謝罪です。 ワンマンに行きたいレベルで好きになりました。
 
Roselia大橋彩香さんの話を出してくれてので好きです。
 
・「空色デイズ」は再放送のタイミングに合わせてのコラボで良かったんですが、去年のアニマックスミュージックスでオリジナルを聞いてしまっていたせいで少し微妙な気もしちゃいました。
 
早見沙織さんがアーティスト枠の流れで登場するの凄すぎませ んかね。
 聞き入ってました。
 アイドル声優要素が殆どなく、歌で勝負するアーティストはやみん
 特技歌唱は伊達じゃありませんね。
 MCも慣れていて今までくぐってきた場数の多さを感じます。
 あと、最後の「Playing The World」のあとの退場での投げキッスが最強でした。
 恋しました。
 
・お久ぶりの田村ゆかりさんですが、セトリとしては新曲(なのは名義なので当然ちゃ当然)は無しで聞きたいコールしたいであろう選曲。
 久しぶりのアニサマとは思えない某喜久子さんばり永遠の17歳の普遍性を垣間見た気がしました。
 
・ゆあみでのmotsuさん登場には驚きました。
 開演前までついったー見ていたので、比叡山なうなら絶対来ないと思っていたら秘密の扉からまさかの登場。
 あの人のアグレッシブさは見習いたいです。
 あと、やっぱりゆあみのコールは楽しい。
 
Aqoursはツアー取れてないので、今年はこれで見納めですが、どんどんパフォーマンスが良くなっていますね。
 西武プリン スドーム行きたい。
 あと、恋アクの家虎入りすぎて笑いました。
 
・「雪、無音、窓辺にて。」のイントロで聞いて高まらないオタクおるんか?イキリちらしたくなるくらいに高まってました。
 この曲も生で聴く機会は一生ないと思っていたので本当にうれしかったです。
 みのりんが歌詞間違えたところに年月の長さを感じつつも、消失後の長門ならあり得なくはないかなーって妄想してました。
 エモい!
 
みのりんの残り二曲は「SELF PRODUCER」「Paradise Lost」と最強の布陣で、長年苦楽を共にしたマネージャーさんから離れても、心配しないで良い気がしました。
 
・FLOWはぶちあがりますね。
 SMEも含めて、念願の「WORLD END」を二回も回収できているのが嬉しいです。
 アニソン縛りのライブ行きます。
 
GRANRODEOがとりやるとは過去のやらかしの件で思ってなかったのですが、それを本人達でネタにしてのトリで度量が凄いなと。
 アニタイのみでのセトリだったので、いつも以上に楽しかったです。
 
〇二日目
・順当なコラボのanfriスタートですが、両ユニットのファン(angelaに関しては超にわか)なので高まりました。
 
angelaのステージパフォーマンスはアニソン界で随一だと思っているので、それをしょっぱなに持ってくるの楽しいですね。
 「全力☆Summer! 」初見だったんですが、楽しいですね。
 これからもマガジンギャグ漫画がアニメ化する際はぜひangelaでお願いします。
 
・KING OF PRISMはその世界観の一端にふれることができて良かったです。
 応援上映ってあんな感じにがっつり字幕が出るものなんですね。
 あと、DJ KOOさんってDJすごいんだなと。
 盛り上げ方がうますぎてこれが一流なのかと思いました。
 
Luce Twinkle Wink天誅ガールズのイメージしかなかったので、がっつりユニットで活動してる姿を見れて良かったです。
 
アニサマでしか聞かないけど、毎年恒例になりつつあるi☆Ris
 まわりのリスオタの方たちに合わせてコールいれたり跳んだりできて楽しかったです。
 
・「YURI!!! on ICE」って質アニメだったのか・・・
 
東山奈央ちゃんは愛嬌があってかわいいって見るたびに思うのですが、アーティストとしての一面をみるのは多分初めてで聞き入ってました。
そしてまさかの初ソロライブ@武道館ライブの告知があって驚き。
 どうなるか見当がつかないので、行ってみたいです。
 
・復帰後の初まめぐは、なんかかわいらしさはそのままに落ち着いた雰囲気まであって無敵な感じがました。
 元超時空シンデレラの今後が楽しみです。
 
・みもりんは、みもりん。トキメキスかわいい
 
・多分自分が見るうえでは、活動休止前ラストのスフィア。
 個人的なスフィアの好きな曲ベスト3に入る「MOON SIGNAL」と「Super Noisy Nova」聞くことができて良かったです。
 途中会場全体を見渡したのですが、約3万人が振る4色の電気棒がめっちゃ綺麗でした。
 
プリキュアまったくわからないマンだったんですが、駒形ベイブレード友梨さんともう一人のおかげでめちゃんこ楽しかったです。
 べーせんのソロデビューの報を聞いたときも驚いたのにまさかそれがプリキュアでしかもアニサマで歌ってる光景をみれてよかったです。
 あと、二週間前に見た村中知さんがなぜかプリキュアしててびっくりしました。
 一番堂々とステージングをしていて、アイマスで得た経験を活かしているのかなって思ったら、大和亜紀が仕事としてプリキュアをしている脳内設定が見えて勝手にエモくなってました。
 
・今回の鈴村健 一さんすごかったです。
 初見でも高まれるような選曲や煽りをしていていつぞやのアニサマと比べ、こうも変わるのかと。
 
鈴村健一さんと羽多野渉さんのコラボ曲「英雄」っていうんですね。
 聞いたことはあったのですが、曲名をしらなくてボケッとしてたらイントロで高まってました。
 
・まさかの2日連続で出演となったみのりんとみもりんによる「Don't say "lazy"」
 なぜこの2人なのか。
 みのりん京アニ作品いっぱい出てるからまだわからないではないけど、みもりんはなぜ??
 そして、なぜHTTのメンバーがいるスフィアにやらせないのか。
 日笠さん呼んできてとは言わないから、もう少しコラボは考えてほしいです。
 
蒼井翔太くんはそのままぶれないでほしいです。
 2つの声で歌い分けているのが、歌手でもあるけど役者っぽさも感じて良かったです。
 
・fhana化けましたよね?
 初日のこのみんの時と似たようにfhana株がバク上げでした。
 曲作りもアニソンぽくなったというか。
 盛り上げどころをしっかり作れていて、変に捻くれていなくなった気がします。
 けやきで少し覚えた「青空のラプソディ」踊れてよ かったです。
 
・「おジャ魔女カーニバル!!」はなんかフェスでのカバー率が高すぎて楽しいは楽しいんですが複雑ですね。
 
氷川きよしさん以外過ぎて楽しかったです。
 まさかきよしコールを入れる日が来るとは・・・。
 MCのペースや煽りが丁寧で普段の客層にはこんな風に接しているのかなーって。
 あと、普段のストレスを発散するかの如く伸び伸びと歌っていらっしゃったのが印象的でした。
 
・まさかのトリ前のミリオンスターズ。しかもメドレーまでやるとは・・・。
 優遇されすぎでは?とアイマスPながらに思ってしまいました。
 個人的にはめちゃくちゃ楽しかったんですが、他の界隈の方にはウケが良かったのかは気になりました。
 会場全体のコールの 声量が明らかに小さかったので、アウェーなところでアイドル応援する感覚が久しぶりで必死にコールしてました。P活ですよ、P活!
 その結果もあってだったらいいのですが、終演後にfripSideTを着た前の席の方とリスオタの方から曲覚えて次の武道館に行きますと言ってくれたのは嬉しかったです。久々にプロデューサーらしいことをした気がします
 
・「プラリネ」はもうシュチュエーションがエモくて。
 MOIW2014でSSAに居たPすべての度肝を抜いたあいみんの「流星群」のインパクトからはや三年。
 あのステージから生まれたバンドリ、ポピパがロックの聖地武道館でガールズバンド最速の武道館公演を成し遂げた同じ週に、原点であるSSAでジュリアとして「プラリネ」をうたうの最高すぎません か?
 
・「Brand New Theater!」は予習してくださっていた人も多かったみたいで、連番の紗代子Pの方と、前の席にいた知らない方たちとで手を合わせてコールできて楽しかったです。
 
・2日目のトリはfripSide
 なんかもう、トリをやっても当たり前じゃんみたいな雰囲気まで辿りついたのがファン冥利に尽きるというか、最高だなって。
 アニサマ初出演の時にうたった「only my railgun」で〆たのもの集大成としては最高すぎるし、合唱をソロライブではなくアニサマでできるようになってるのは本当に凄い。
 そして、「Playing The World」の時にバンドメンバーと一緒に登場するのがエモすぎた。
 Satさんにナンジョルノに八木さんに星野さんに北村さんに海さん大好きです。

〇三日目
・OPの川原礫メドレーぶち上がりました。
 
・すみぺはサブカル感MAXの世界感に安定感が加わってある意味一つの音楽ジャンルなのかなと。
 
・まさかの「Beyond The Dream」。
 昨日のミリオンがトリ前だったのに対してまさかの前半2組目とは。
 グリーティングツアーには参加していないので、2nd以来のビヨドリだったんですが、歌いなれてきているのもあってめっちゃよかったです。
 あと、やっぱり歌詞のレッツジャンプで跳べるのいいですね。
 落ちサビの咲クラも綺麗にはいってましたし、フェスに参加するからこそって感じがしました。
 
・メドレーは参加ユニットから「MOON NIGHTのせいにして」「HIGH JUMP NO LIMIT」「Study Equal Magic!」の三曲で順当って感じでした。
 ただ、ムンナイだけ2ndアニバからの選曲なのは、人気曲だなーって感じで納得はするんですが、個人的にはスタセレも聞きたかったなと。
 個人的にはドラスタっぽさでいえばスタセレの方が好きだし、他の界隈の方にドラスタを紹介するならまずスタセレを聞かせたかったです。
 あと、S=Mでチャイムがなったときにそれえええええええ!!って叫んでたらMマスPと思わしき女性の方に爆笑されたのが恥ずかしかったです。
 
・「DRIVE A LIVE」は予習してる方も多かったのか315!!のコールが良く聞こえました。
 315の語呂の良さは馴染み安いのが強みですね。
 
春奈るなさんは過去最強の演出とセトリでした。
 加藤恵のMCによる始まりから、フェスではたかくん(over fly)と枠を争っていた「アイヲウタエ」が久しぶりに聴けたのが最高でした。
 
水瀬いのりさんのライブ初めて生で見たんですが、表情の作り方とか動作とかがかわいらしくて自分が思っていた以上に声優アイドルしていました。
 キングレコードがプッシュするのもわかります。
 
奥華子さんの「ガーネット」。
 センターステージでの弾き語り+時かけの映像のマジックコンボにやられました。
 ラスサビ前のブレスが本当にすこ。
 
小倉唯さんも過去最強のセトリでした。
 「ハイタッチ☆メモリー」からの「Honey?Come!!」の流れ強すぎますね。
 
・真音ちゃんありがとう。「Magic∞world」聞けてうれしかったです。
 
ミルキィホームズを見るとアニサマだなって。
 3日間の出演者で一番今回のサブタイのthe cardを意識したセトリでよかったです。
 そしてやっぱり「正解はひとつ!じゃない!!」は高まります。
 でも、たまには「雨上がりのミライ」やってくれてもええんやで?
 
・「Alteration」からのすみぺとまれいたそコラボの「Sparkling Daydream」とZAQにわかの僕にはやさしい神セトリ。
 いつも曲で殴るタイプのZAQがMCで自分の思いを話ていたのは良かったです。
 
B-PROJECT舐めてました。
 コールがわかりやすくて、盛り上がる曲で固めていてめちゃくちゃ楽しかったです。
 コールのいれどころが女性アイドルのノリを踏襲していて千代丸さんの曲っぽい感じがしました。
 そして、2日間で3アイドル目のたくちゃんは、今年のMVPだと思ってます。
 
・「One In A Billion」初見だったんですが、いい曲ですね。
 曲中でWUGちゃんにまざって踊りだすMay'nちゃんも良かったです。
 
・Wake Up, Girls!は映画含めて「Beyond the Bottom」がもう好きすぎたので、あの衣装かつ考えうる最大規模の会場で聴くことができて感無量です。
 アニメのクライマックスのライブシーンを切り抜いたかのような演出(MOIW2014のマスピやμ'sの僕光的な)は次元の壁を超えた感じがして最高です。
 会場が緑に染まっているのも初登場したときと比べるとここまでこれた感があってもう最高。
 新章前にこれをみることができて大満足です。
 
・2日目と同じ演出からのscreen modeとミルキィによる「おジャ魔女でBAN2」。
 BAN2のがカーニバルより好きなので、ライブで聴けてうれしかったんですが、2日目と同じ茶番から同じ作品の曲をやるのは、正直冷めました。
 折角のコラボ枠をこうやって消費する意図が良くわかりませんでした。
 
内田真礼さんはまさかの後方からスタートでの「ギミー!レボリューション」でありえん高まってました。
 それと、「Playing The World」の時のすみぺ-まれいたそ-ドラスタの並びエモすぎた。
 ドラスタ+まれいたそで歌ってたと思ったら、次は内田兄弟で歌ってるし、ゆうまたそからすみぺが「私の!」と言わんばかりにまれいたそを剥がしてデュエットしてるのもエモいし、最後にはドラスタ3人で歌ってるのもみれてもう最高だった。
 
TrySailちゃんたちは人気ですね。
 ここまで人気になるとは思ってなったので、最近は驚かされっぱなしです。
 でこだしーなさん良きかな。
 
・神セトリにシンプルなMCで纏めきったLiSA。
 彼女ってトリをやるよりもこうやってテンポよく場を盛り上げたりする方があっているのかなって気がしました。
 過去最強の演出とセトリでした。(今年過去最強多かった)
 
・お久しぶりな奈々様。なんというか、トリが似合うなと。
 正直、最近聴いてなくて一曲も知ってる曲がなかったんですが、聴いてて楽しいしパワフルだし強いなと。
 有名曲にいかなくてもトリが務まってしまうパワーの高さ。
 やっぱり夏はこの人を聴いて締めたいと思いました。
 キングレコードの筋肉担当は伊達じゃないですね。
 

2017-09-25 THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 5thLIVE TOUR Serendipity Parade!!! SSA公演両日@LV&さいたまスーパーアリーナ

Message body

アイドルマスターシンデレラガールズSSA公演初日に参加してきました。
とっっっっっってもいい公演でした。

ツアーの各公演の内容を集めてそれを昇華したようなステージで、アップテンポからバラード、ネタ曲だったりと個性豊かな曲を多く見ることができ、いかにもシンデレラガールズを体現したかのような公演でした。
しかも、それを2日目のメンバーがいない状態で作り出せているのが凄い。
ツアーを経てだれもが主役であり、だれもがシンデレラであることを示せたステージがここに詰まっていたと思います。
 
もちろん見たかったものを見れなくなってしまった残念さはいくつかあったりはしたのですが、SSA2日目を経てそれもまたいいかなと思えるように なりました。

楽しいだけじゃなくて、喜怒哀楽すべてを心の底から感じれるコンテンツってある意味最強じゃないかと。
しかもそれをシンデレラガールズの一部でしかないライブで味わえるというのが、このコンテンツの底は誰にも全く見えてないっていう感じがして頼もしくもあり、うれしくもあります。
 
これからもいっしょに夢の先へ進んでいきたいです。
 
ただ、今回のツアーを通じて歌詞や振付のミスが多く見えて、練習不足な箇所もいくつか見受けられたりしました。
各公演の間がだいたい二週間しかない状態で、しかも普通のアーティストと違って人数も多く、公演ごとにメンバーも違う。
厳しいスケジュールであれだけのものを見せてくれたことに感謝しつつも、このスケジ ュールはちょっと厳しかったのではとも思う公演でもありました。
 
さて、ここまではシンデレラガールズが好きな自分の気持ちを書いてみました。
これはすべて本心ではありますが、すべてではありません。

他の視点というか、他の気持ちも書きます。
 
765ASのPとして。

内容的な規模としては並ばれ、物理的な規模では完全に抜かれたなと感じます。
物理的な規模というのは、2日目に発表された単独ドームライブです。
ASでは実現できていないある意味のアイマスの目標の1つに到達しました。
そして、内容的な規模っていうのは今回の公演のセットリストです。
シンデレラのライブって今までは総力戦で、毎回のライブですべてを出し切っていたと思います。
でも、今回はASの8th や9thのようにやる曲やらない曲をはっきりと示したり、見せたいメンバー、見せられるメンバーだけでの公演をやったりと余力を感じさせつつ満足度が高いライブを作ることができました。
ASのPとしては素直に悔しいですが、後輩に抜かれるのも先輩の務めであり、うれしくも感じています。
そしてこのまま抜かれっぱなしで終わってたまるかって気持ちもあります。
勝手にAS全員でのドーム単独ライブを目指しているので、必ず実現できるように頑張ろうとモチベーションが上がっています。
シンデレラガールズに感謝です。
 
島村卯月の1ファンとして。

悔しいです。
第5回シンデレラガール総選挙曲である「Take me Take you」と「キミのそばでずっと」をSSAで聞くことができませんでした。
それに「Take me Take you」は、5周年の間のライブで一度も卯月が歌うことはなく、デレステのイベントからも外されてしまいました。
本当に悔しいです。
やっとなることができたシンデレラガール。
その大切な曲の披露の場を作ってあげることができなかった。
大阪公演のアンケートやデレステの質問フォームから要望を出しはしたのですが、力及ばず。
悔しいです。
第5回の総選挙で声がついたアイドル達の思い入れのある曲のようにライブのMCで扱われてるのも、もの足りなさを感じてしましました。
もちろんその面もありますが、総選挙曲にはシンデレラガール総選挙に参加した全てのアイドルとシンデレラガールその子のために作られた曲の意味もあると思っています。
どれも大切にしてほしかったです・・ ・。
でも、ネガティブになっていてもしょうがないので、切り替えます。
もう一度卯月をシンデレラガールにしてみせます。

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 5thLIVE TOUR Serendipity Parade!!! 福岡公演両日@LV

シンデレラガールズ5thツアー福岡公演に参加してきました。
 
地方公演もこれで最後なんですが、改めて地方公演の良さに気付けた2日間でした。

自分は二十数年間東京で生きているもので地方出身者の気持ちを理解できているかというと怪しいです。

でも、各アイドルや演者の地元や出身の地方での公演には特別な思いがあるはずですし、
センターを努めた面々の思いや気持ちをクローズアップされたおかげできくことができたり、
面白かったり、微妙だったりなトークコーナーがあったりと公演回数が多くてチケットや宿の手配が面倒くさかったり2日間のセトリは変わらないし、違う公演でも似たセトリが多くて不満があったツアーだったはずなのですが気付いたら最高としか言えないライブの連続で本当に楽しかったです。
 
最近気付いた自分の中での基準なのですが、推しのライブに行くと、セトリとか席とか関係なく楽しいんですよね。

そこにいるだけで尊いとまでは思いませんが、ライブが開催されることが嬉しいし、楽しいんですよね。

なので、自分が演者やグループが好きか迷った時に見つめなおす基準をそこに置くようにしました。

ガバガバな基準ではありますが、わかりやすくて気に入っています。

もちろんやってほしい曲っていうのはあるけれど、それを全て出し切らないのも良くて。

出し切らないってことは、次があるってことで、これからもそのコンテンツが続いていく証です。
なので、悔しさを感じつつも次回の公演を楽しみにしたいです。
 
ここまで言っておいてあれなのですが、今回のトークパートであったコーナー「好いとうよ選手権」が本当に本当に良かったです。
単にアイドルが「好いとうよ」と言ってくれるコーナーですが、ストレートな行為は嬉しくて終始顔がにやけていました。
これからは全公演でやってほしいくらいに好きです。
タイトルからトップバッターのあっちゃんに振られたあたりまではネタコーナーかなと思ってたら、
好いとうよまでのセリフの流れを各演者がしっかり考えて作っていてくれて、恋してました。
このコーナーを考えてくれた優勝オタクこと大坪社長ことバウムことゆかちんには感謝です。
個人的には、初日のMVPは響子で二日目は鈴帆です。
 
ここからはセトリと 演者の感想を。
 
・「SUPERLOVE☆」は初日はうるっとして2日目はボロボロ泣いてました。
 あんなに崩れたのじょを見たのは1st2日目以来な気がします。
 普段はラップでゴリラなお姉さんであるカッコカワイイのじょの莉嘉愛に触れられて幸せでした。
 のじょ曰く人類愛をうたっている「SUPERLOVE☆」ですが、今回はあの2人がお互いとPへの愛をうたってくれた曲になったと思っています。
 
・「ニャンと☆スペクタクル」のもはや失敗しそうにない早口パート。
 なつみお姉さまの確かな練習量からなる技量の高さが伺えてほんとすこです。
 
・「恋色エナジー」4thの時以上に刺さりました。
 基本Cu曲は好き好き大好きなんですが、ここまで恋に対してド直球な曲っていうのも珍し いなと。
 あと、なんとなくですがしのしーが公演通して楽しそうにしていたのが良かったです。
 
・「lilac time」は満開でした。
 この曲の爽やかさが好きなんですが、それに反比例してPがリウムのカラーチェンジを必死にしているのが好きです。
 一曲一曲、一回一回のステージを一生懸命盛り上げようとしている姿はまさしくプロデューサーそのものだと思います。
 あと、珠莉さんの最後挨拶が最高にエモかった・・・。
 Pだけでなく、推しがいるオタクって推すかわりに多かれ少なかれ見返りを求めると思うんですよ。
 それがステージでの表現だったり、ラジオでの言葉だったり、接近戦だったり、はたまた存在そのものだったり。
 その中でも演者の夢や目標や思いが遂げられる瞬間に立ち会えるという最も良いものの1つの形を見せてもらった気がします。
 
・「Nothing but You」最高です。
 この曲が今回の公演で一番聞きたい曲だったので、聞けて良かったです。
 曲そのものはサイバネティックなデジタルサウンドで無機質気味でありながらのハイテンポな曲に、かわいさ溢れる歌詞が合わさって無敵に感じます。
 志貴くん今回のツアーで様々な癖の強い曲に挑戦しまくってますね。そして見事にハマっている。飛鳥の可能性が広がりんぐですね。
 
・「この空の下」春野ななみしゃんと鈴帆のソロパートがある初ステージがまさかのバラードとは。
 他二人に負け時としっとりと歌い上げていて、感動しました。
 
・「桜の頃」の振りが妖艶すぎてやばいです。
 あっちゃんとねこさんの手の動きにメロメロでした。
 
・「祈りの花」はまさかの憂 希ちゃん連続。
 バラードの連続って集中力をすごく使うはずなので、それを初ステージできっちり歌い上げていたのはすごいですね。
 
・「青空リレーション」ほんと好きです。
 クラップの練度が着実に向上していて綺麗に響いていたのよかったです。
 もしかして今回の公演でおさんぽカメラと歌唱回数並んだ?
 
・「おかしな国のおかし屋さん」は完成したお菓子の披露と実食、王子の登場とセリフと大きな見どころが二回ありますが、それを武器として成立させつつ1つの曲として完成させてるのは本当にすごいと思います。
 この一曲で1つのエンターテインメントになっているのが、機転が効くゆかちんだからこそなのだと思います。
 逆に言えばゆかちんがかな子で無けれ ばこの曲は成立しえないと思います。
 本当にすごい。
 そして、毎回王子を変えるビッチ()な姫の影響で生まれたKプリンスという謎ユニット。
 いずれ使われる日は来るのか。
 
・「Take me☆Take you」ホントいい曲なので、そろそろ去年のシンデレラガールに歌う機会を与えていただけないでしょうか。
 
・「Frozen Tears」「薄荷」初披露の時以上に健康になったかれんのイメージがしていいですね。
 ただ、歌詞に星が出るたびに五芒星を書くあの振りは如何なものかと。
 あのときだけ振りが速いので曲とズレテル気がするのと、どーまんせーまんって感じがします。
 
・「Memories」は本当に度肝を抜かれました。
 凛がいないなおかれんは何かするのかなって気になっていた中でのこれ。
 最高でした。
 まつえりの歌唱力が上がっているので、まいまいと対等に歌いあえるようになりつつあるのが良いです。
 
・「Neo Beautiful Pain」優勝です。
 トラパルもですが、奈緒のCoな面が引き出されていて良いです。
 アンニュイな表情のまつえりも最高。
 ただ、振付をまつえりが直談判して増やしたとのことですが、そこはなくても良かった気がします。
 なんとなくカッコイイよりもそこまでするのか的な印象を受けました。
 もちろんその少しの方向性のズレがかわいカッコイイ奈緒っぽい感じもするのですが、個人的には余計かなと。
 
・「生存本能ヴァルキュリア」ラスサビのソロパートの飛鳥が本当にカッコイイです。
 そして、鈴帆はこんなかっこいい曲まで歌っていて素敵でした。

・「Tulip」クレジットを見た瞬間の高まりといったら。
 扇情的な響子に、ピジャニキの本のような妖艶さをもっ たかな子。
 そして、CDの美嘉パートを歌う莉嘉。
 姉妹みを感じて最高でした。
 そして曲が終わった後演者が集合する際にのじょが言った「お姉ちゃんの曲歌ちゃった」がもう完璧。
 
・ゆかちんの最後のMCが本当に良くて、あんなに泣きながら言葉を紡いでいる彼女を見たのは初めてでした。
機転の良さと経験値の高さから一門でも特に笑いに貪欲なポジションにいてくれる彼女が言葉を詰まらせながら見せてくれた切実な思い。
アイドルマスターを好きでいてくれる彼女がやっと立てたセンター。
そして、何よりもこの5年支えてくれたかな子をPへセンターのかな子を見せたいと言っていたのが本当に素敵でした。

今回のツアーの見どころの1つにセンターがだれだっていうのがありますが、本当にいい見どころだったと思います。
SSA初日はだれがセンターになるのか本当に楽しみです。

アイドルマスター シンデレラガールズ劇場×アニON STATION しんげきカフェ「スペシャルLIVEステーション」@アニON STATION秋葉原

アニON ステーション秋葉原のシンデレラガールズ劇場のスペシャルライブステーションへ参加してきました。

アニONのアイマス関連のライブステーション(DJイベント)にはSideMの時以外(男女比の問題で敬遠してた)はほぼほぼ参加していたので、今回も例に漏れず参加してきました。
 
前回までは期間中であれば金土日の夜はライブステーションしていたのですが、今回はこの土日の二回のみでしかもチケット購入がアニONのサイトではなくイープラスからの購入となっていて、公演時間が1.5倍の3時間予定。
いつにない気合を感じました。

そして入場して感じたのが、まず会場がでかい。
いつものライブステーションの場合、一番手前の部屋を使っていたのですが、今回は奥の二部屋の壁を取っ払っていたの で、広さが二倍超ありました。

それを踏まえての感想ですが、DJイベントに参加している中で今までで一番密度が濃かったと思います。
めちゃくちゃ楽しかったけども、疲れました。

高まれる曲を3時間ノンストップで掛けてもらうとこんなにくるものなんですね。
 
あと、今さら感もあるんですが一週間前にもVR ZONE 新宿でのDJイベントとがあったりと今年はアイマス公式関係のDJイベントがたくさんあります。

そして、デレ5thSSAでのリミックスCDも出ます。

今までも裏方の方々の顔をよく見ていましたが、今年はその露出が多い気がします。
なんとなくですが、そちらの方向へ向かって進んでいる気がするので、何か狙っているのでしょうか。

私、気になります。

876DJ LIVE STAGE!@VR ZONE 新宿

VR ZONE 新宿のオープン記念イベントのDJイベント「876DJ LIVE STAGE!」へ参加してきました。
 
なんとバンダイナムコがやる公式のDJイベント!

さらにバンナムに関係あればどんな曲でも流しても構わないなんてそんな面白そうなものそうそうないですし、DJの方がBNSIの方達で、アイマス曲に関係のある方たちが出演されているとのことでしたので、これは行くしかないと。

しかも、場所が新宿歌舞伎町の野外で、入場無料ときまして、どんなイベントになるのか想像がつかなかったのでわくわくでした。
 
結果として、夕方の歌舞伎町に大音量で流れるゲーソンやアニソンというなんとも違和感ありまくなイベントでしたが、その背徳感というかイキリ具合が絶妙に楽しかったです。

それになによりも。作った本人達が聞きたいところ をアレンジして流すなんてそうそうある場面ではなかったので、そこに立ち会えてよかったです。

アイマス曲もどの5コンテンツ問わず、流れてめちゃくちゃ楽しかったです。
そして、VR ZON E新宿にはまだ遊びに行けていないので、シンデレラガールズのツアーが終わって余裕ができたら行きたいと思います。
 
あとは気になった感想を。
 
・序盤にプリコグ掛けてきたり、あずほのコスコス掛けてくれり、夕方にトワスカ流してくれえるイノタクさんホントすこ。

・初日ラスト45分アイマスオンリーにしてくれたひろっちさんに感謝。
 
・渡辺量さんは自身の作詞作曲されたアイマス曲を全て掛けてくれるサービスっぷり。作者が流すダズリンとトワスカエモすぎる。

・大久保博さんは序盤はご自身の手がけられたリッジの曲などを流して、王道のゲーソンでせめていたところで雨で途中終了になってしまったのが、残念でしたが終了間際に「東京は夜の七時」を流してくださったのが 最高でした。